訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

仕事を辞めたい理由と、「ストレス解消」の話

 

カピさんです。

 

いまの仕事で一番イヤだなぁと思うこと、セミリタイアを目指す理由、「ストレス解消」ってよく分かりませんよねって話を書きます。

 

セミリタイアを目指す理由■

仕事を辞めたいと思う理由のひとつに、ストレスから逃れたいというのがあります。

 

特に仕事の内容には特別不満なんてありません。どこに行っても不満の1つや2つ出るもんですから、多少の我慢は仕方ないです。 

まぁまぁ楽しんでやってます。というか仕事なんて楽しむ・やりがいがあるように自分を錯覚させないとやってられません。

 

別のフル勤務の仕事に転職する気は全然ありません。

いまの会社は相当緩いです。その割に給料はそんなに悪くないです。こんな緩い会社から転職しちゃったら、余計人生イヤになっちゃいます。

 

ちなみにスロウさんは仕事がそんなに苦じゃないらしいです(ほんとに!?)。

じゃあ別に辞めなくていいのでは!?

スロウさんとはセミリタイアを目指す理由がちょっと違うのかもしれません。

 

 

■仕事で一番苦手なこと■

私は電話が鳴るのがとにかく苦手です。

 

電話って人の都合も考えず鳴ってくるんですよね。私は極力メールや社内チャットなど、文字で送るようにしています。

「言った言わない」問題も無いし、要点もまとめられるし、良いことしか無いです。

 

電話の用件はたいていバッドニュースなので、「なんだろう・・。」とめちゃめちゃ不安になります。

出られない⇒折り返す⇒繋がらない、という流れがあると最悪です。

マジで留守電に用件だけでも入れてくれって思います。

 

電話を切ったあと、脳内で無意識に一人反省会が始まります。会話をもう一度思い返して、マズいことを言ってなかったか、分かりにくい表現は無かったか、そんなことを考えてしまいます。

そんな方いらっしゃいません?あれは何なんでしょう・・。

ちなみに反省会をして有益だったことはほとんどありません。

 

電話ごときで大げさなって話なんですけどね。

この正月休みに電話からしばらく離れていたので、元の環境に戻ってくると「やっぱり本当に苦手だ」と再認識しました。

 

あ、電話以外にも辞めたい理由はありますよ!一番の理由がそれってことで!

 

 

■どんな仕事でも電話は鳴るでしょ■

 

・・・そーなんですよね。

電話が鳴るなんて当たり前だし、世の中のふつーの仕事と比べて本当に大変ということもありません。

 

「週5日働いて定年まで勤めあげる」という選択肢しか見えなければ、何とも思わずサラリーマンを続けているかもしれません。

甘えだと言われればそうなんですが、甘えだから何だって思います。別にサラリーマンとしての「成長」なんて求めてないっす!

 

7日あるうちの5日間、1日につき8時間も拘束されていること自体がストレスでたまりません。私より大変な環境にいる人から怒られちゃうかもしれませんね。

 

今日は仕事始めでした。満員電車に揺られて都心まで出ました。

最寄り駅を降りると、人の波が同じ方向に向かってズドドドっと進んでるんです。何でこんなことをやらなきゃいけないんだって思います。非人道的や!って思いませんか!?

こんなことしなくても生きていけるんじゃないかなって思うんです。

 

 
■「ストレス解消」ができない■

「ストレス解消」ってできますか?私はその感覚が分かりません。

ストレスは、ストレスがかからない状況にいると徐々に減っていくものという認識です。

 

本当の「ストレス解消」ができれば、また仕事のみかたも変わってくる可能性もなきにしもあらず。

 

旅行に行くとか、美味しいものを食べるとか、そんなことをしてもストレスが「解消された」と感じることはありません。

一時的に仕事のことを考えないようにすることはできますが。

 

「楽しんだから明日からまた頑張るかー」みたいなことが全然無いんですよねー。どーすれば良いのか分かる人がいれば教えてほしいです。

 

■おわりに■

と、ブログに文字でまとめていると、ますます辞めたくなってきます!こんなことで辞めたいなんて思っていいんだろうかと書きながら一瞬思いましたが、こればっかりは人と比べるものでもないですね。

「辞めたい」というか「辞めねば!」くらいに思っています。

 

ちなみに別に仕事で特別イヤなことがあったからこんなことを書いてるわけじゃないです。常々思っております!

 

明日も頑張ります!!!!

 

どうぞよしなに。

↓ポチで私に栄養補給を!

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ