訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

【要注意!】無意識の思い込みや決めつけは人を不快にさせる。

スロウです。
 

f:id:futaridejiyuu:20190203054653j:image

誰しも勘違いってあると思いますが、思い込みや決めつけが激しい人っていますよね。
スロウは嫌いです。
 
「出来るだけ思い込みをしないように気をつけよう。」と自戒の意味も込めて記事にしました。
 
目次
◼️スロウの仕事
◼️思い込みでクレームに
◼️代理店Tのクレーム内容
◼️代理店の主張
◼️お客様の勘違いだった
◼️まとめ
 
 
◼️スロウの仕事
スロウはメーカーの人間で、数年前から代理店の営業担当をしています。
文句ばかり言ってくる代理店Tにはいつも悩まされています。。
そんなに不満なら代理店やめればいいのにって思います。てか、やめて。
 
◼️思い込みでクレームに
先日、お客様の思い込みがきっかけで、代理店からクレームを受けました。
お客様へ納品した商品に中古品が入っていた?らしいのです。
 
代理店の人は
自分は絶対正しい。
お客様の言うことは絶対正しい。
自分の会社に間違いをする人はいない。
メーカーの人間なら間違いを犯しかねない。
こんなところでしょうか。
 
いつも自信満々で言ってきます。
 
決めつけてくるところが嫌いだし、
そんな自信満々で言ってきて、万が一間違ってたらどうするの?って感じです。
 
人間のとしての器の小ささを感じて哀れにさえ見えますが、個人的には大嫌いな代理店です。
 
仕事なので付き合いを完全に断ち切るのは出来ませんが、極力近づかないようにしています。
 
◼️代理店Tのクレーム内容
お客様へ納品した商品に中古品が入っていた。
製造工程で入った(故意に入れた)のではないか。
というようなありえない内容。
 
製造工程上、中古品が入ることはありえないし、故意に入れるなんて事も不可能なんです。
 
起こるとしたら代理店が中古品を納品してしまうかお客様が勘違いをしているとしか考えられません。
 
◼️代理店Tの主張
お客様へは絶対に新品を納品した。
代理店Tの従業員が間違えるはずはない。
良いお客様だから嘘をつくはずない。
メーカー側の人間が会社の労働環境に不満で故意に混入させたに違いない。
この件についてメーカーからの見解を文書で出せ!
です。
 
そこまで信用ないの?って感じですが、むちゃくちゃです。笑
 
◼️お客様の勘違いだった
結論から言うとお客様の勘違いでした。
 
 
起こりえないといっても、万が一があってはいけないので、事前に工場へ製造工程を確認しに行きました。
やはり工程上、中古品が入ることはありえないし、人もたくさんいるので故意に入れるなんて事も不可能でした。
 
見解といっても文書にしようがなかったので、直接お客様先へ訪問し状況を説明しに行くことに。
 
すると。。。
お客様から勘違いだったと平謝りされました。
 
どうやら納品した商品をご家族が使用していたようなんです。
 
それを知らずに中古品が届いたと代理店Tに連絡をしてしまったとの事でした。
 
その方は思い込みと勘違いから迷惑をかけてしまったと心からお詫びをしてくれました。(まともな方で良かった。)
 
結果としては良かったのですが、そこからです。
 
代理店Tにそのことを報告すると、「あっ、そう」の一言で終わり。
 
ムカ(−_−#)
 
お客様にろくに確認もせず、メーカーを散々疑ったことに対して、一言の謝罪もありませんでした。
 
人としてガッカリです。
 
改めてこの代理店Tとは距離を置こうと心に決めた瞬間でした。
 
◼️まとめ
いい人だから
信用できる人だから
しっかりしてる人だから
だから失敗なんでしない!
なんて全て思い込みです。
 
いい人は嘘つかない!は本当かもしれません。
でも悪気はなくても勘違いをしてるかもしれません。
 
まぁ無意識に思い込んでしまうのはしょうがないとしても、「もしかしたら思い込みかも」っていう意識はもっていないとですね。
 
一旦落ち着いて考えた上で、行動なり言動なりしないと人を不快にさせてしまいますからね。
 
あー無意識の思い込みって怖い。。
 
「人生の99%は思い込み 支配された人生から脱却するための心理学」でも読んでみようかな。

人生の99%は思い込み―――支配された人生から脱却するための心理学

 
おわり

f:id:futaridejiyuu:20190121235743p:plain

社会で人と人とが関わると齟齬が生まれるのはしょうがないんですよね。

気分悪いから瞑想しよう。
 
今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。
↓応援のポチをしていただけると励みになります。

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ