訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

ホリエモン著「自分のことだけ考える」に同感。

f:id:futaridejiyuu:20190307002118j:image

スロウです。


スロウは人との関わり合いが苦手です。

特に大人数で群れるのが嫌いです。

というか他人に興味がないと言った方が正しいかもしれません。

 

他の人の事まで考える暇もないし、心の余裕もない。

 

それこそ人が考えてる事なんてわからないし、人の事まで考えてあげるなんて

おこがましい

とも思います。

 

先日カピさんから借りた本の中に、まさにそんな事が書いてあったので紹介。

f:id:futaridejiyuu:20190307002143j:image


読んだ本

自分のことだけ考える。
無駄なものにふりまわされないメンタル術

堀江貴文 著

メンタル本??

 

ホリエモンは「ドライで精神論は嫌い。何事も論理的に考える」というイメージがあったので、こういった類の本を書くとは思っていなかったので意外でした。

 

なぜカピさんはこの本読んだんだろう。。

この本についてお話ししてないな〜


本の内容
ホリエモンは
「今まで本の中で繰り返し「行動しろ」「一歩踏み出せ」とメッセージを送ってきた。
でも実際に行動に移す人はほとんどいななかった。

 

その理由は、思い込みや常識にとらわれているから。心にブレーキをかけているから。

 

この本では意識や思考の置き方を変えるきっかけにしてほしいと願いを込めた、行動できないメンタルを変えることに特化した本である」
と言っている。

 

アドラーの心理学をホリエモン流の言葉に置き直した本ですね。

 

特に同感したのはこの2つ


①自分のことだけ考える
これは決して「自己中心的」や「利己的」という意味ではなく、
自分でコントロールできるのは自分だけ。
ましてや他人の事まで考えるなんておこがましい。


「人の気持ちなんてわからない」という前提にある言葉でした。


人の気持ちなんてわからない
まさにその通りだと思います。

 


②「他人の正義感、嫉妬、感情論、慣習、駆け引きや嘘」
これらにふりまわされて時間や心を浪費するのは愚かな事。


無駄なものにふりまわされないように
考えても意味がないことは頭から消し去れ。


そのために「瞑想」したり「仕事に没頭」せよ。


たしかに暇を持て余し過ぎると
「〇〇さんはどう思ってるんだろう?」
「自分はなんて能力が低いんだろう」
「なんであんなこと言われたんだろ。腹立つわー。」
「カピさん今何してるんだろう?」
「あのクレーム対応うまくいくかな?」


いらん事ばっかり考えてしまうので疲れちゃいます。


わかっちゃいるけど、これが難しいんですよね。


スロウも今年から瞑想を続けています。
たしかに瞑想中はほかの事を考えなくなるので、雑念がその時は無くなります。
(その時はね。瞑想が終わったらまた元どおりに脳は動いてしまいます。笑)


「仕事に没頭する」という部分は「好きな事に没頭する」に置き換えられるな〜と読みながら思ってました。


本を読んでいる時、靴を磨いてる時は他の事は考えてないし、心が落ち着きます。


それ以外に没頭できる趣味があれば、より落ち着いた生活が送れるような気がします
なので今年は趣味を探す事を一つの目標にしています。

 


まとめ
この本はタイトルにもあるように、
メンタルを鍛えて成功する事を目的としていますが、
スロウは
成功したい!
ホリエモンのように行動的になりたい!
他人からどう思われようが信念持って仕事をしたい!
というのはありません。


でも、自分ではどうしようもない事を考えることに縛られて、時間も心も脳内メモリも消費するのは出来るだけ避けたいですね。


他人の真意はわからないし、人からどう見えているのかもわからないし。そんな事考えてもしょうがないし。


そのために、一刻も早く「瞑想の習慣化」と「趣味」を見つけます。


自分のことだけ考える。


この思考で生きられたら人生楽になりそう。

 
カピさんが書いた「脳内会話を断捨離したい」の記事もおすすめです。
カピさんの脳内会話はリスクヘッジになっているみたいですね。


おわり

f:id:futaridejiyuu:20190121235743p:plain

1日2回の瞑想を習慣化したいな。
最近、夜は瞑想しながら寝ちゃうんですよね。
導入部分が瞑想になってるただの睡眠。。
意味をなしてないな。


今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。
↓最後に応援のポチをお願いします。

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ