訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

【その説明で伝わる?】東大院生が開発!「頭のいい説明は型で決まる」を読んでみた。

f:id:futaridejiyuu:20190307234022j:image

スロウです。


東大院生が開発!

頭のいい説明はで決まる

を読んだので記事にします。

内容
《頭のいい説明には型がある》

・難しいとは相手との理解度のギャップ

・わかってもらえないのは理解度のギャップを埋められていないから

・わかるとは相手がもともともっている知識と新しい知識が結びつく事

・わかってもらう黄金のフォーマット IKPOLET法


じつは先日書いた記事はこのIKPOLET法をつかったもの。
(※一部例外はあります)

 

小学生が聞いても理解できるように説明したつもりです。


それでは内容を紹介します。


頭のいい説明にはがある


難しいとは相手との理解度のギャップ


人と話していたり、記事を読んだり、ニュースを見て難しいと感じる時はその情報を発信している人と自分とに理解度のギャップがある時です。
ここのギャップが大きければ大きいほど人は難しいと感じます。


わかってもらえないのは理解度のギャップを埋められていないから


説明しても相手が理解できなかったり、誤解されてしまったり。
これは相手との間にある「理解度」の溝を埋められていないからなんですね。
社内にもここの認識がない人が多い気がします。


わかってもらえない3つの原因
1、相手が聴く態勢をとれていない
2、そもそも自分自身が内容を理解していない
3、相手のもっている知識を自分が把握していない


3についてが一番重要ですね。
ここをおざなりにして説明する人がなんと多いことか。
(スロウもその一人かもしれません。。)


2については「声に出して自分の耳で聞いてみる」というチェック方法がおすすめされています。


わかるとは相手がもともともっている知識と新しい知識が結びつく事
知識同士のネットワーク化と表現されていました。
この言葉は「わかる」という事をうまく表現した言葉だと思います。
スロウはすごくしっくりきました。


相手が何も知らないとそもそも知識が結びつかないんですよね。


「人工知能」を小学生に説明するなら「ロボットの脳みそだよ」と知ってる知識と結びつけてあげると
「わかった」となるんですね。


わかってもらう黄金のフォーマット IKPOLET法


まず前提として
・どんな人が聞くのか
・どの程度の知識を持っているのか
・どんな考え方をしているのか
これを知っておく必要があります。


知らないで説明を始めると、相手との理解度のギャップを埋めることができず、わからない説明になってしまいます。


IKPOLET法とは
Interest 興味
Knowledge 知識、認識
Purpose 目的
Outlines 大枠
Link つなげる
Embodiment,Example,Evidence 具体化、事例、証拠
Transfer 転移
の頭文字を取ったもの


ひとつづつ説明します。


Interest 興味
興味を引くために 欲(メリット)と恐怖(デメリット)を刺激する。
大切なのは相手の欲を考えること。
それに加えて意外性を打ち出すことができればさらに興味を引けます。


先日の記事では
買わないのに車が持てる?
買わないのにどうして?車持てるの?って興味が湧きますよね。


Knowledge 知識、認識
専門用語や業界用語を使わずに小・中学生でもわかる言葉に置き換える。
どうしても使う時は注釈をいれる。


これもあるあるですね。
いますよね専門用語並べてドヤ顔で喋ってる人。何言ってるかわかんねーよ。って。笑


先日の記事では車検・税金・保険・カーシェアリングあたりがわからないと思いましたが、
そこをいちいち説明してたら進まなくなってしまうので今回はあえて端折りました。


Purpose 目的
目的と手段を切り離して説明する。
目的と手段は相対的で、比較した時に目的と手段が確定します。
医者になる(目的)ために医学部に受かる(手段)
さらに医学部に受かる(目的)ために化学の得点を高める(手段)とういう具合です。


先日の記事では
車を持ちたい(目的)人のためにサブスクリプション(手段)があるってことですね。


Outline 大枠
全体像のイメージ化と全体の中での位置付け。


Link つなげる
人の「この2つの関係を知りたい!」という感情は元来備わっている欲求だそう。
Aという知識とBという知識がつながって「わかった!」と感じます。


因果関係やメカニズム、抽象化、周辺知識を必要に応じて説明に盛り込むと相手の理解度があがります。


車を持たない人が増えた。
世の中にはレンタカーやカーシェアリングみたいなサービスが増えた。
高額な車は買えないけど、レンタカーやカーシェアリングよりも長期的に車を持ちたい人向けのサービスとして始まった。


Embodiment,Example,Evidence 具体化、事例、証拠
相手の頭の中にイメージを沸かせ理解のスピードをあげます。


先日の記事では
車以外でも月々決まったお金を払えば
ラーメン食べ放題!とか
映画やアニメなどが見放題!
HuluとかNetflixみたいなサービスと同じですね。
塾やスイミングスクールも月謝を払って習っているのでイメージとしては同じです。
と説明してみました。
 
Transfer 転移
抽象化して別の場面で具体的に適用できるようにすること。


実はこの考えかたってこっちでも使えるんだよ」
という感じで他のシチュエーションで使うことができるという事を伝えます。


つまりできるだけ少ない時間でより多くの事を分かってもらうという事です。


おまけ
できる人だけがもつ3つの極意
・バックワードデザイン
説明で相手になって欲しいと思う状態から逆算する
・メンタルバリアブレイク
精神的な壁を取り除く。簡単そうだなって思って貰えればOKです。
・比喩
動物やスポーツに例えたり擬人化して説明をわかりやすくします。
説明が上手い人ってこの比喩をうまく使いますよね。

 


おわりに
説明するって難しいですよね。
今日は勉強会で約100名の前でお話しします。
聞き手が望んでる事と相手の理解度を推し量りながら話してみます。
さぁ、伝わるか!!

 

カピさんか書いたこちらの記事もおすすめ


おわり

f:id:futaridejiyuu:20190121235743p:plain 

言葉にしないと伝わらない事も多いですよね。

察しては無責任。


今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。
↓最後に応援のポチをお願いします。

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ