訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

電話が心底嫌い!工夫していること

カピさんです。

先日スロウさんが内向型についての記事を書いていました。

 

カピさんも負けず劣らず、完全な内向型人間です。

生きてるだけでマイノリティ!

 

二大仕事でイヤなことが、「飲み会」「電話」です。

ほかの会社に比べて多い方なのかな?どうかな?

人付き合いを大事にする社風です。向いてないやんけ。

 

飲み会は強い意思を持って断る!

こんど企画されている歓迎会も行かない予定です。

 

もうひとつ、やっかいなのが「電話」なんです。

 

 

電話が怖い

本当に苦手です。「私、なにか悪いことしたっけ!?」と毎回考えてしまいます。

実際なにかやらかしていたことなんて無いんですけどね。

思いもしないパンチが外野から飛んでくる可能性がある仕事仕事なんです。向いてないやんけ。

 

かかってくる

取れない (「なんか悪いことした!?」)

折り返しても出ない

超絶ストレス

 

たいていは最高にしょうもない電話です。

それは分かってるのですが、どうしても不安になってしまいます。

 

仕事柄、移動していたり出先だったりで取れないことも多いです。

ポケットでケータイが振動してる、でも取れない、という状況だと誰からかかってきてるかさえ分かりません。もう最高にストレスです。

 

電話の声を聞き取るのも苦手だし、「言った言わない」問題が起こるし、なにも良いことがありません。

 

 

「電話怖い」対策

ケータイを常にサイレントにしています。

音は鳴らない!振動もしない!画面が明るくなるだけです。

 

これでは全く電話に気付きません。気付かないようにしています。

どうせ移動中・出先では電話に出られないし、出られない時間の方が長い仕事です。

 

だったらこちらが電話できるときにだけケータイを見れば良いじゃない!というわけです。

出られない時間にまで無駄に電話で気を揉むのは止め!

 

ちなみに、定時後から始業前の時間帯は一切通知が来ないように設定しています。

仕事でチャットワーク(LINEのようなもの)も使っていますが、そちらも同様にしています。

 

本当に緊急の場合は私用ケータイに連絡が来ますからね。

そんな急を要する用事なんて、年に1回も起こりません。

 

私と同じ電話怖い族はぜひお試しください。

 

 

 

「連絡は基本電話」の文化よ変われ!

電話ってこちらの都合に関係なくかかってきます。

折り返して一発で繋がればまだいいですが、繋がらないことも多く...。

 

カピさんは自分から電話をかけて繋がらなかった場合は、折り返してくれたときに出られるようにしばらくの間つねに注意を払っておくか、用件をショートメールします。

 

相手の手を止めるわけですから、それくらいのことはした方が良いと思うんですよね。

それが面倒に思うくらいのどうでも良い用事なら、最初から文字で送ってくれ!

(電話が苦じゃない人からすると「電話の方が早い」と思うんでしょうね…。)

 

 

今後の改善したいこと

忙しい時はサイレントで電話怖い度はいくぶん下がりました。

こんどは「ちょっと時間があるとき」にケータイの画面がやたら気になるようになりました(鳴らないからね)。

 

「ケータイが動いているときはサイレント、止まっているときは振動」みたいな設定ができれば良いんだけど…。そういうアプリって無いですかね…?

 

できるだけ気にしないように心がけていきます…!

 

↓わかる〜!ってなった方はポチっとしていってください。

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ