訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

〇〇っぱなしが嫌いです。ぱなし退治はお手の物ですが。。

f:id:futaridejiyuu:20190417220918j:image

スロウです。

 

今日は ぱなし についての話です。

 


〇〇っぱなし


スロウはドアや引き出しの開けっぱなし、靴の脱ぎっぱなし、電気の付けっぱなしなど〇〇っぱなしが嫌いです。


視覚から入ってくる画像に敏感なので、嫌いというよりすごく気になります。


見ていて不快感を感じるんですよね。


なので、休みの日にはそこら中のぱなし退治を四六時中しています。
まさにイタチごっこ。笑


本当に疲れます。

 


どんな〇〇っぱなしがあるのか


靴を脱ぎっぱなし
扉が開きっぱなし
引き出しが開きっぱなし
電気の付けっぱなし
おもちゃの出しっぱなし
ボールペンの出しっぱなし
ハサミの出しっぱなし
例を挙げればキリがありません。笑

 


〇〇っぱなしの裏の動作


中途半端で雑な様子が想像できます。
それが嫌でもあるんですよ。


だから家では最後まで閉めろ!って思うし、言うんですけど、一向に改善されません。


何故できないのかがスロウには理解できません。
やらないといけないという意識も無いから出来ないんだとは思いますが。


だから、「できない」ではなく「やらない」ですね。


意識して動作すると
人や物を大切に扱う
丁寧に作業をする
最後までやりきる
ことにつながるのではないかと思うんですが、いかがなもんでしょうか。


先日のカピさんの記事でも同じようなことを言ってました。


意識して動作すること=無意識を断捨離すること


どんな場合でも、それよりも前に物の断捨離が優先かもしれませんね。


家族の誰からも理解されませんが、淡々と断捨離を続けていきます。


ん〜悩ましい。。


だれか改善策を教えて下さい。

 

おわり

f:id:futaridejiyuu:20190121235743p:plain

眠い

 

今日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。
↓最後に応援のポチをお願いします。

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ