訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

【組立は15秒】アウトドアに最適な日除けテント購入。(1万円以下)

f:id:futaridejiyuu:20190430114939j:image
スロウです。
 
いよいよ春が終わり夏も近づいてきましたね。
 
また、GW中に潮干狩りに出かけるという方も多いのではないでしょうか。
 
5月が1年で一番紫外線が強いらしいので、行かれる方はお気をつけ下さい。
 
油断するとこうなります。
f:id:futaridejiyuu:20190430114952j:image
テントの中で小一時間寝ていたらこうなりました。。
短パンの跡がくっきり。
 
日焼け止めを塗っていなかったこともありますが、寝ていたテントから足が飛び出していたのが原因です。
 
 
この時はポップアップテントを使っていましたが、いくつか理由がありワンタッチテントへ買い替えたので、今日は紹介します。
 
f:id:futaridejiyuu:20190430115217j:image 
f:id:futaridejiyuu:20190430115013j:image
FIELDOOR(フィールドア) ワンタッチテント・スクエア型
価格:5,940円
 
 
【日除けテントの種類】
 
ここでいうテントとはキャンプとかで使うしっかりしたものではなく、日除けを目的とした簡易なもの。
 
 
《ポップアップテント》
 
収納袋から取り出すだけで、自動的に広がってテントになります。
ドラゴンボールに出てくるホイポイカプセルみたいなイメージです。笑
わからない人はスルーしてください。
 
 
《ワンタッチテント》
 
収納袋から取り出してテントを広げ、紐を引くだけで完成します。
これは折りたたみ傘のイメージです。
 
 
《組み立て式テント》
 
ワンタッチテントほど簡単ではなく自分でポールを組み立てるタイプ。
どのメーカーのもだいたい5分くらいで完成します。
 
 
【ワンタッチテントへ買い替えた理由と良かった点】
 
テントの中で寝ても体がテントからはみ出ない
テントの中に砂が入りにくい
全方位日除けができる
組み立て・収納が簡単
コンパクトで収まりがいい
キャンプもできそう
 
 
《テントの中で寝ても体がテントからはみ出ない》
 
これが一番の理由です。
今まで使っていたテントに比べて一回り大きいのでテントの中で横になれる。
潮干狩りや海水浴に行くとどうしても寝ちゃうので、もう2度と同じような日焼けはしたくない。
f:id:futaridejiyuu:20190430115242j:image
 
 
《テントの中に砂が入りにくい》
 
入り口の部分が立ち上がっているので風などで砂が入りにくくなってます。
 
今までのは入り口がフラットでビーサンを脱いだ時の勢いで砂が入ってくるのが煩わしかったんですよね。
それがないのはイイ!
 
 
《全方位日除けができる》
 
チャックで閉められるようになっているので前方からの日差しも防げます。
もちろんメッシュ窓もついているので風通しもイイ!
 
これまで使ってたのは入り口がフルオープンでした。
中で着替えが出来るのもポイント高し。
f:id:futaridejiyuu:20190430115300j:image
 
 
《組み立て・収納が簡単》
 
想像以上に簡単で改めて買って良かったと思えるポイントです。
組み立ては折り畳み傘のようにテントを広げ紐を両サイドに引っ張るだけでテントが完成します。
 
15秒でできるという触れ込みでしたがまさにその通り。素晴らしい!!
 
収納も一瞬でできるのはありがたい。
ポップアップテントは収納がちょっと難しいんですよね。
 
よくなかなか折り畳めなくて苦戦してる人を見かけます。
スロウもその一人です。笑
 
 
《コンパクトで収まりがいい》
 
収納すると長方形になるので車に乗せておいてもスペースをとらないのがいいですね。
しかも軽い。
 
ポップアップは薄くなるんですけど円形なので意外と収まり悪いんですよね。
 
 
《キャンプもできそう》
 
日除けテントの割にはしっかりした作りなので気候が良ければキャンプもできそうです。
したことないけど。。
 
今年の夏はソロキャンプでもしてみようかな。
 
 
f:id:futaridejiyuu:20190430115313j:image
しかしこれだけ多機能なテントがこの価格ってスゴイですね。
 
 
この夏日除けテントを買おうと考えてる方は「ワンタッチテント」おすすめですよ。
 

↓最後に応援のポチをお願いします。

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ