訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

セミリタするしかねぇ。10日間で気付いたことあれこれ。

カピさんです。

通勤の電車のなかでこの記事を書いています。

GWはカレンダー通りのおやすみで、10日間ダラダラしていました。

今日は10日間で感じたことについて。

無意識の行動の変化がありましたよ~。

 

 

甘党じゃないかもしれない

チョコを1回も食べてない!

仕事があるときは、コンビニの小袋チョコを1日1袋ペースで食べています。たまにグミのことも。

どーしても食べたくなっちゃうんです。

 

「この10連休中1回も食べてないぞ!」とGW最終日にコンビニをうろついているときに気付きました。

チョコ売り場を見ても食べたいという気が起きませんでした。

甘いもの自体も、実家以外では勉強のために行ったスタバ以外では食べていません。

 

甘いものが好きだと自分では思っていたのですが、もしかしたらストレス解消のためなのかもしれません。

絶対健康を害しています。

 

 

出かけられるようになった

週休2日の土曜日は気力が湧かず1日家にいて、日曜日にやっと平日の買い出しに出かける、というのが普段のパターンです。

 

それ以上どこかに遊びに行くなんて考えられない、というくらいぐったりしています。

 

それが、GW後半には朝イチでスタバに行って勉強、そのままイオンの中をフラフラする、なんてことをやってました。

(すごい!)

 

さらに!1日2回出かけるなんてこともやってました

夕方くらいにまた勉強しにマックに行ったり。

普段のカピさんでは考えられないことです。

 

結局一人で遊びに行くということは無かったのですが、もしもう10日休みがあればどこかに遊びに行くなんて日も出てくるかもしれません。

 

 

会社に性格を作られてる

心の病でお休みする人は、「とにかく休みなさい。好きなことをやりなさい。」って言われるんですよね?

カピさんは病んでないですが、休むと自分のやりたいことが見えてくるというのはありそうだなと思いました。

 

いま通勤中ですが、感情が死んでいくのを感じています。

自分らしく何かを考えるとやってられないんだろうなと思います。

 

働き始めてから性格も変わったなと思いますしね。

働き始める前まではもっと穏やかでしたが、いまは競争を強いられるので血の気が多くなりました。

 

 

やっぱりセミリタしかない

「みんなそんなもんだよ」「我慢するもんだよ」と言われればそれはそうなんですけど、セミリタというのが人生の選択肢に入ってきた以上、残念ながらそうは思えないんですよね。

 

何の疑問も持たずに定年まで勤め上げた日にゃ、もう自分がどんな人だったのかも分からなくなってそうです。

それが「大人」になることだとしたら、願い下げってなもんです。

 

普段の仕事で自分が思っているより疲弊してるんだなということが分かりました。

早くお金貯めて辞めよう。

 

普通じゃないのは長いお休みじゃなくて、この労働環境の方だ。

なんだこの満員電車は。

週5日フルで拘束されるなんて、非人道的だよ。

 

↓ポチっと応援、よろしくお願いします!

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ