訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

頑張って働いてやる必要なんて無い

カピさんです。

真面目なので同じ部署の中では働いてる方です。

 

働いていてよく思うことが、「どうしてみんなもっと頑張らないの?」ということです。

 

同僚全員のスケジュールが公開されてるんですが、「暇だなぁ」とよく思います。カピさんの仕事は割と外に出てることが多いんですが、ほかの同僚は社内でいる時間がカピさんの3倍くらいあります。スロウさん以外。

 

それだけ考えごと?資料づくり?をしてる時間が長いなら良いアウトプットできるよね?と思うのですがそんなことは無く、いったいどうやって時間潰してるんだろうと不思議でなりません。

 

今の仕事って、頭使う必要ほとんど無いんですよ。アホでもできます。

「頑張る」ことが重要というか、「とりあえず何かやれ」みたいな感じなので、「ただ頑張れば良いんじゃん」と思うわけです。

 

「ハハハみんなあなたと同じように思って仕事してるよ」と言われそうですけど。そういうレベルじゃないんですよね。

 

 

なんのために働くの?

最近ふと気付いたことがあるんです。

みんな「会社のために働く」という認識があんまり無いんじゃないかなと。

(それが良くないということでは全く無いです。強調。)

 

カピさんは割と「会社のため」と思って仕事をしています。どうやれば数字が上がるか、なにかできることは無いか、ということを割と真面目に考えています。給料はそれに付いてくる、という感じです。

 

でも大多数の人はそうじゃないんじゃないか、会社のためと思っていてもその認識が薄いんじゃないかと思い当たりました。

 

会社に居さえすれば給料もらえるし、頑張っても頑張らなくてもほとんど給料変わらない(そういう会社)んです。

そりゃ「言われたことをやってればオッケー!」ですよね。当然だわ。

というか「オッケー!」とも思ってなくて、それが普通なんですよね。

 

 

モチベーションのその奥

カピさんが頑張る一番の理由は、「誰かが見てる」って考えてるからです。

それはそれで立派かもしれないと自分でも思うんですが、そのもうひとつ奥の考えがあんまり良くないなぁと最近思っています。

 

「頑張ってれば誰かが評価してくれる!」ではなくて「頑張らなければ認めてくれない」という後ろ向きな考えを持っちゃってるんですよね。ずっと優等生タイプだったからかな?

 

 

頑張ってもコスパが悪いねん

予定をぎゅーぎゅーに入れがちなカピさんですが、最近予定がぽっかりと週2日も空いたことがありました。

社内でのーんびりして、なんなら定時より早く会社を出たんですが、仕事上なんの問題も無かったんですよ。当たり前ですけど。

 

そこで「あ、そんなに頑張る必要なくない??」となりました。「なってしまった」のかどうなのか。

めちゃめちゃ楽なんですよこれが。そりゃこれが普通の状態だったら、あえて自分からしんどくなりに行くことは無いよなぁと気付いてしまいました。

 

 

出世に興味ナシ!

出世したいなら身を削って頑張る方が良いと思うんですよ。

でもカピさんは「仕事頑張るけど出世しなくていい。むしろしたくない。」というタイプです。そんななので飲み会とか全然行かないし。

 

それってただ会社にとって都合の良い人材なのでは!?

 

 

セミリタ希望者に頑張る理由ナシ!

カピさんは45歳には会社を辞めたいと考えています。偉くなるならちょうどその頃だと思います。

 

役職に興味無いし、役職付いて給料が上がる恩恵に預かれないし、合理的な頑張る意味が何も無かったことに今さら気付きました。

 

しかも今の仕事好きじゃないし、「隣の芝が」レベルでなく向いてないんです。それを押して頑張る必要なんて無い!

好きじゃないし向いてない仕事なのにそれなりの評価を貰えるんだから、他の人の頑張り具合ははお察しです。

 

 

頑張りたいと思ったときだけ頑張ろう

働き始めたときは、セミリタ志向ではありませんでした。

頑張りすぎるところがあると自覚していたので、「会社を辞めるときは胃に穴が空いたとき」と本気で思っていました。

 

そこから人生設計も変わってるわけなんで、同じノリで働くのはヤメにします。

今日も適当に頑張ろう。いや、頑張らない!

 


f:id:futaridejiyuu:20190729070930j:image

時間が空いたらスタバでサボタージュ。

 

↓ポチっと応援、よろしくお願いします!

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ