訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

セミリタ志望がこの会社の良いところを考えてみた

カピさんです。

セミリタを志していると、「早く会社を辞めたい」ということばかり考えてしまいます。

今日は心をクリーンに洗うべく、いまの会社の良いところを考えてみることにします。

 

給料が安くない

カピさんの勤める会社は曲がりなりにも一部上場企業です。その中では給料の高い方では無いですが、ごく平均の水準です。

 

勤めて8年くらいですが、手取りで月23万くらい。ボーナスは3ヶ月弱分です。年収にすると500万くらいかな。

少ない給料で頑張ってる方から恨み節が飛んできそうですね。これはありがたいと思わないといけないです。

 

 

人間関係が悪くない

仕事上の悩みが人間関係という方は少なくないと思います。それが原因で転職、退職させる方もいますもんね。

 

カピさんの会社は「嫌なヤツ」は少ないように思います。仕事をしない人が多いので「ウチの会社名物!“ただの良い人”!」なんて言いますけど、「仕事のできない嫌なヤツ」は世の中に溢れてると思います。「良い人」なだけ感謝しないといけません。

 

墓場みたいな部署もあるのでそういうところに行けばどうか分かりませんが、全体的に人の質は悪くありません。

 

 

仕事がそんなにしんどくない

これは部署にもよると思うんですが、いまの仕事は割と楽だと思います。その日のうちに片付けないといけないタスクというのが存在せず、なーんにもしなくても回ります。

 

評価基準になる数字はありますがノルマというものではなく、達成できない方が普通なので何も言われません。「どうするんだ」と聞かれたら「頑張ります」レベルの回答をしておけば乗り切れます。

 

入社当初は「日付が変わるまで」なんてこともありましたが、最近の働き方改革ってやつでかなり変わりました。

仕事量が減らないのに人が減って死ぬ!残業するなと言われて無理すぎて死ぬ!みたいなことがネット上では聞こえてきますが、いまの仕事は「帰ろうと思えば帰れる」仕事ってことですね。

 

 

イヤな仕事や人と当たっても異動まで耐えればOK

総合職だと北海道から沖縄、海外まで転勤の可能性があります。

だいたい3年前後くらいで人が入れ替わるので、イヤな仕事でもそれくらい耐えれば何とかなります。

 

これが一拠点のみの会社だとそうはいきませんよね。イヤでも会社から離れるまでそこにいる人と関わらないといけないですからね。定期的に人が入れ替わればお局さん的な人もできにくく、先の人間関係の良さにも繋がってるんだと思います。

 

 

ホワイトかっ!

こうやって書き並べてみると、給料は悪くない、人間関係も悪くない、仕事もしんどすぎない、良い会社なんですよね。

 

人事部が社員向けのアンケートを定期的にやってるんですが、働いてる人の満足度は結構高いです。

そのなかでも若手は不満度が高い傾向にありますが、これは上の世代との不公平感から来るものだと思います。

 

自分の環境だけ見てればそんなに悪くないですが、良い時代だった頃からいる人の給与水準がめっちゃ高いです。

さらに、上の世代は「人さえいれば伸びる」と誰でも入社できてた頃に入ってるので、スペックが高くない人が多いんですよね。会社にぶら下がって定年を待っている人がたくさんいます。

 

新卒を入れてなかった時期がしばらくあって年齢分布がおかしいことになっているので、上の世代が抜けたらだいぶ会社も変わるでしょうね。

 

 

でも辞める!

こんな恵まれた環境にいるカピさんですが、そもそも働くことがイヤなのでセミリタするつもりです。セミリタを志すにあたって他人と比べるというのは意味が無いですからね。

 

転職もするつもりはありません。先に書いたように悪くない会社なので、転職したところでこれ以上コスパの良い会社に当たる気がしません。転職は分の悪いガチャだと思います。

淡々と働いてお金貯めていきますよ~!
f:id:futaridejiyuu:20190731084535j:image

断然こしあん派。

 

↓ポチっと応援、よろしくお願いします!

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ