訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

物の住所なんて決めるもんじゃない

カピさんです。

2年くらいかけて物をどんどん減らしたことで、所在地の分からない物がなくなりました。たぶん。

 

ここ1週間くらいにあったこと

スロウさん「結束バンドって無い?」

カピさん「前1本だけあったけど捨てたから無い。」

 

スロウさん「毛抜き無い?」

カピさん「洗面台の右下の棚。電動歯ブラシの横。」

 

この家には結束バンドは1本しか無かった。けどこの間処分した。

それはこの棚のココ。この物の隣。

 

といった具合に物の住所がキッチリ決まるようになりました。

別に「決めている」というつもりは無いのですが、物を減らすと勝手に決まっていきました。

片づけのコツとして「物の住所を決めよう」っていうのは良く言われますよね。
正しいと思うんですが、物が溢れてるうちは不可能だろうなぁと思います。物減らしを心がける前の部屋を想像してみると、物の住所を守ることに疲弊していきそうです。

ストレスフリーになりたくて物を減らすはずなのに、本末転倒だぜ!

 

 

身に覚えの無いものが出てきてた

昔はよくありましたよ!

無くしたと思ってた靴下が片一方だけ出てくるとか!出てきた頃にはもう一方の靴下を捨ててしまってたとか!

肌着が無駄にたくさんあるけど、着たいと思うものは見つからないとか!

あ、この本そういえば買ったんだっけ、とか!

 

特に本なんて、今と比べると本当にいっぱいあったなぁ・・。3段ボックス全部本とか。読みもしないのに。
それを3段ボックス1個分にし、「5冊だけ」と決め、とうとう1冊も無くなりました。ミリも困らないし、捨てなければ良かったとも思いません。

 

どんだけ物に対して無意識だったんだろうか。ありえへん。ありえへんけど昔はよくあったわ。

 

みなさんは物の住所、ありますか?忘れてた物が出てくることってありますか?

物の住所なんてチマチマ決めてないで、45Lごみ袋を10個出してこよう!



f:id:futaridejiyuu:20190905112257j:image

オチが無い。

 

↓ポチっと応援、よろしくお願いします!

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ