訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

波動を感じてみたかった人生

カピさんです。

 

ミニマリスト界隈でよく見る話、「片付けると運気が上がる」。「運気が上がる」「運気が下がる」というようなことは実際にあるんでしょうか。

 

片付けをする→物事を先送りするクセが無くなる→心に余裕ができてチャンスを掴める!

 

とか、

 

片付けをする→小さい成功体験を積んで自信が付く→前向きになる→心に余裕ができてチャンスを掴める!

 

ということはありそうですよね。カピさんもミニマリストを志してから、何でも先送りするクセがマシになりました。片付けすごい。

 

“運気本”というのはまだ読んだことがありません。たぶんそういうことが書いてるんじゃないかなぁと勝手に思ってるからです。でも読んではみたい。おすすめあったら教えて!

 

ちなみに運気がどうのこうのに括られるのかもしれませんが、「風水」というやつはもう一歩信じてない。

風水的に部屋を整えたからこれで大丈夫!と思えば気持ちが前向きになりますからね。それで些細な良いことを感じやすくなる、ということでしょうきっと。それがその人にとって良いことだという意味では風水って効果あるんでしょうけどね。方角や色そのものが何か効果をもたらすということは無いかなぁと。

 

だからといって運気がどうのこうのっていうのを否定するつもりは全くありません。というか良いものだと思います。

 

各々が信じられるものを信じて軸として持っておいた方が、心の安定を保てます。

カピさんは何かしらの宗教を信じてる人が本当にうらやましい。「こうしたら心の安定を保てますよ」「こうすれば死語幸せになれますよ」って答えを教えてくれるんですよ。スゴすぎませんか。カピさんも何か信じたい。

 

 

波動本を読んでみた

“運気本”からもう一歩スピリチュアル感が増す気がする“波動本”を読んでみました。自分から遠いものに触れたら「ほうなるほどそういう考え方もある!」っていうのがあるんじゃないかと思って。

 

この世にある物(人やその辺の石ころまで)は波動を持っていて?云々というやつです。

 

結果的には、カピさんが波動を信じることはできませんでした。

 

答えは宇宙にあります。

(ほうほう、聞いてみようやんけ)

 

未来や過去に囚われがちな現代では「今」を感じることが少なくなってるから宇宙からの影響を受けづらくなっている。

(マインドフルになろう的な感じかな?)

 

波動の高い社会は良い社会。お互い助け合って自分の役割を遂行する社会。昔の日本は波動の高い社会だった。いまは個人主義で波動の低い社会になっている。

(なんで共同体中心の社会の方が良いこと前提なの...?)

 

日本は天皇制が脈々と続いていて、天皇陛下か民のことを思ってー

(無理)

 

 

もう一章でギブアップしてしまいました。「宇宙」なんて大きな話をしてるのに、どうして日本なんていう矮小な社会中心の話をしているのかが理解できなくて終了しました。

 

読んだ本が悪かったのもありそうですけどね。何か良い本無いですかね。

 

ふぁ~なにかを信じてぇ~~。

特に悩みは無いけどなにか信じてぇ~。


f:id:futaridejiyuu:20191002064637j:image

美味しかったパスタ。

 

↓ぽちっと押していってくださいまし。

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ