訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

イライラしたくないねん

カピさんです。

二級イライラ士です。特に音が気になってしまってうるさい場所はすごく苦手。早く山奥に引っ込みたい。

 

カピさん「いかにイライラしないかがカピさんの人生のひとつのテーマなのよ」

 

スロウさん「そんな大げさな。笑」

 

って話からイライラ談義が始まりました。

 

 

他人に期待しすぎ

どんな本を読んでも書かれてることと思いますが、イライラの原因は他人に期待をしてしまってるから。「自分のルールを破られたから」という表現がされてることもありますね。

 

「~すべき」という考えが強いとそうなりやすいみたいですね。カピさんは「~したい」よりも断然「~すべき」で生きてきた人なので、他人が好き勝手やってるのが我慢ならない。

 

 

非常識なやつに負けたくない

「期待しすぎ」というだけならまだ良かったんですが、カピさんは勝負に負けるのがキライで、白黒付けたがる性格です。

 

例えばうるさい人がいて自分がその場から離れたら、そいつに敗北したような感覚になるんですよね。いや、そういう感覚も無いんですが無意識でそうなってます。

 

 

この世は動物園

鳥が集団でギャーギャー言っててもイライラはしません。むしろ「うるさい」とも思いません。「おーすごいなぁ」くらいな感じです。

 

うるさくて迷惑な輩は霊長類より下の生き物だと思うしかないんですよね。例えばサルはダメです。動物園の檻をガシャンガシャンやってるのを見るとイラつきそうな気がする。あいつらは人間に近いからイラつくと思うので、鳥くらいがちょうど良いかも。

 

昔は動物園か水族館か、牧場の人になりたかったんですよ。前々から人と関わるのには向いてないと感じてたのかもしれません。

 

就活してるときも「働きたくないとか置いといて働くのに向いてない気がする」って思ってました。カピさんにはセミリタして庭でリクガメを飼う道しか残っていないのです。

 


f:id:futaridejiyuu:20191010085503j:image

今日も無で乗りきるぞい。

 

↓ぽちっと応援、よろしくお願いします!

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ