訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

いざ幽体離脱 瞑想

カピさんです。

何度か瞑想を習慣にしようとして挫折しています。

 

心に余裕があるときに「よしやろう!」となって、ちょっと忙しくなるといつの間にか止めてしまっています。余裕の無いときほど瞑想した方が良いと思うんですが、なかなかそうはいかないんですよね。

 

久しぶりにやってみようかなという気になり、寝っころがりながらやってみました。

 

そしたらふと思い出したことがありました。

小学生くらいまで、幽体離脱して遊んでたなぁと。

 

もちろん本気で幽体離脱ができると信じていたわけではありません。目を閉じて仰向けになって、自分の中身だけをそのまま垂直に浮かせるイメージをするんです。

 

すると「ふわっ」となるんですよ。1ミリでも天井の方を目指して頑張ってました。体感で5センチくらいしか浮かないんだけど。

 

これがなかなか形容し難いんですが、めちゃくちゃ心地良かったんですよね。もうやらなくなって久しいのですが、その心地良い感覚だけは思い出せます。

 

「お、できた!」となっても「できた!」ということに意識を向けすぎると、また戻ってきちゃうんですよ。頭の端っこの方で心地よさを感じていました。

 

.....

 

そんなことを思い出して、ちょっとやってみようかなぁと思ったんですが、すごく難しかった。

 

中身を浮かせるぞ浮かせるぞと思うと余計浮かせられない。「意識するんだけど意識しない」みたいな状態でないとできません。

あも、雑念がちょっとでも浮かんでいると全然いける感じにならない。かなり集中しないとダメ。

 

当時は集中しようと思っていたわけでは無いですが、たぶん悩みや考えることが少なかったんでしょうね。学校⇔家の範囲だけで生きてたわけだからね。受験とか、就活とか仕事とか、そういう煩わしいことは何も無かったですから。

カピさんのキャパは、「学校⇔家」以上に拡げたらパンクしちゃうんですよ。セミリタするしかねぇな。

 

.....

 

「意識するけど意識しない」とか「雑念をポイする」とかは、瞑想と似てると思うんですよね。むかしのカピさんは瞑想ができてたのでしょうか。瞑想するときの意識の置き方のひとつとしてどうですか、幽体離脱。

 

結局昨日はできないまま寝てしまったので、また今日もトライしてみようと思います。

 

このことに何か名前が付いてるんじゃないかと思ってネットで調べてみても、本気で幽体離脱しようとしてるサイトしか出てこないんですよね。

 

「何言ってんだよ」ってなるかもと思って他人にはこんな話したことは無いです。スロウさんにも話したことがない(どうですかスロウさん)。もしかしたらみんな当たり前に感じてることなのかもしれない。謎やで。誰か教えて。


f:id:futaridejiyuu:20191020105720j:image

今日はスタバの日。

 

↓ぽちっと応援、よろしくお願いします。

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ