訳アリなふたりで脱社畜を目指すブログ。

〜既婚アラフォー男と独身アラサー女が、10年後に上場企業を退職し、田舎に移住を果たすまでの道程〜

年賀状って必要?? #年賀状スルー 2020年は送るのをやめました。

f:id:futaridejiyuu:20190107215554p:image

2019年1月7日記事

※2020年1月1日更新

スロウです。

(昨年の記事に紫で追記)


2019年は11枚の年賀状を送りました。
少ないですか?多いですか?

2020年は1枚も送りませんでした。

 

【カピさんコメント:カピさんは何年も前から1枚も出してません!】


昔から大切な人と交わされてきた年賀状。

人と人とのつながりを大切にする日本人らしい文化だと思います。


ちなみに、メールなどが普及した現代においても国民一人当たりの販売枚数は「約27枚」もあるんだそうです。

年賀はがきの発行枚数は11年連続で減少し、2020年には23億5,000万枚になってるそう。

ピーク時の2003年には44億5936万枚もあったというから驚きです。


が、その年賀状!本当に必要ですか!?


本来は「旧年の感謝と新年もよろしくお願いしますという気持ちを手紙にしたためたもの」
らしいんですが、別に年賀状じゃなくでもよくない?と。


メールやLINEでは味気ないし、手間と時間をかけて年賀状を書くことに意味があるんだよ」なんて言われそうですが、ここ最近の年賀状はほとんど印刷されたものに一言だけ手書きでメッセージを書くくらいですよね。

名前や住所なんかも印刷されてますし、私もほぼその状態です。


私は

そんな年賀状に意味があるんでしょうか?

と声を大にして言いたい!


以前は喪中を機会に送らなくなったり、相手から来なくなって送るのをやめたり。

枚数が減ると密かに心の中でガッツポーズをしてましたよ。笑

(今でもですが。笑)


でも、この人書かなくていいかな〜って送るのをやめると送られてきちゃったり、
新しい人から来ると、「やっぱり送らないと失礼だよね」とか思って。。

なかなか書く枚数が減らないのが年末の悩みの種でした。

 

私の頭の中からは本来の意義は完全に忘れ去られ、義務感から送ってるようなものでした。


そんなら送るのやめよう!

今は若者を中心に「#年賀状スルー」なるものが広がっています。

文字どおり年賀状を出さないということです。

LINEなどのSNSならタダだし、送りたくてもそもそも住所も知らないし。今の時代を表してますね。


ということで、数年前から必要のないと判断したものは送るのをやめました。


スロウの送った年賀状の枚数はこれ

2017年 20枚 (会社 12枚、友人 8枚)

2018年 16枚 (会社 10枚、友人 6枚)

2019年 11枚 (会社   9枚、友人 2枚)

※親戚関係は入ってません

そして2020年の今年は1枚も送っていません!

 


判断基準はこれ!!


会社関係

日頃顔を合わせる人は基本的には送らない。

但し目上の人には送ってます。笑

サラリーマンですね。。。

サラリーマンですが、思い切って送るのやめてみました。支障は無いはず。


友人関係

普段連絡を取ったり会う人は送らない。

普段会えないけど、1年に1度だけでも近況報告しておきたい人は送る。

友人については、このご時世メールとかLINEがあるので来年からは送るのやめます。

今年年賀状をもらった友人にはLINEで返信しておきました。

これで来年から送られてこないでしょう。

 


来年は会社関係の9枚のみ!

いや、いっそのこと送るやめるか!!

年賀状送らなくても支障ないしね。

 

好きで年賀状を書いてる人は止めませんが、少しでも面倒だと感じてる人は一気にやめるのは難しくても、徐々に減らしてみるのはいかがでしょうか?

 

それでは。

f:id:futaridejiyuu:20190121235743p:plain

一年の計は元旦にあり。

 

今日も当ブログにお越しいただきありとうございます。
↓最後に応援のポチをお願いします。

ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ